COMIC
GAME
G動画
G写真
ラノベ
通販
いいね
Rank

石に咲く花

カメラマンの国立敏夫は、ヨーロッパの裏町を写しまわり、強引な売りこみで海外で成功していた。
日本を思い出させるものといえば、離婚した妻との間の娘・江利の面影だけだ。
孤独なパリでのひとり暮らしをなぐさめるのは、娼婦のミレーヌ……。
女と夜を描き、現代のエゴイズムを鋭く抉る自選傑作集。




ユーザレビュー
  • 0
  • 0
  • 0



ライトノベル・小説
店長を務めていた雑貨屋が閉店となり、意気消沈していた真璃。ある夜、つい飲みすぎて居眠りし、電車を乗り過ごして終点の京都まで来てしまった。仕方なく、祇園の祖母の家を訪ねると、そこには祖母だけでなく、七福神の恵比寿を名乗る謎の青年がいた。彼は、祖母が営む和雑貨店『七福堂』を手伝っているという。隠居を考えていた祖母に頼まれ、真璃は青年とともに店を継ぐことを決意する。けれど、いざ働きはじめてみると、『七福堂』はただの和雑貨店ではないようで――
公開日: 2022/07/15
ライトノベル
 
東京下町にひっそりとある、居酒屋「ぼったくり」。名に似合わずお得なその店には、旨い酒と美味しい料理、そして今時珍しい義理人情がある――。全国の銘酒情報、簡単なつまみの作り方も満載! 旨いものと人々のふれあいを描いた短編連作小説、待望の番外編第三弾!!
公開日: 2022/08/19
恋愛
ライトノベル
 
列車はいつも、僕らの日々を運んでく。出会いも別れも、伝えたかった言葉も――。祖母と豊橋を訪れた美羽。「路面電車に乗りたい」という祖母の秘められた思いとは(「二十歳のおばあちゃん」)。故郷への新幹線で想起する父の記憶(「やまびこ」)、貨物列車をめぐる六年生の小さな冒険(「名島橋貨物列車クラブ」)など、心のつながりを描く人生のスケッチ、全5話。『四角い光の連なりが』改題。
公開日: 2022/06/27
ライトノベル
 
曽野哲学がこの一冊に。だから、老年はおもしろい。いま、この高齢化社会の中で、どのように老いを生きればよいのか。誰にでも訪れる、老年の時間を、自分らしく過ごすための心構えとは。悲しみや不運をどう処理して乗り越えていけばよいのか。人生でもっとも自由な時間である「老いの時間」を、心豊かに生きるための「言葉の常備薬」。「もういつ死んでもいいという感覚には、すばらしい解放感があった。冒険に出たかった青春が再び戻って来たようだ。しかし青春と違うのは、私が常に終焉の近いのを感じつつ生きていることだ。それゆえに、今日の生はもっと透明に輝いてもいる。」
公開日: 2022/06/16
ライトノベル
 
【期間限定 試し読み増量版】愛し愛される薔薇色の新婚生活――そう思っていたのは、妻だけだった。フランコが瀕死の重傷? なんてことなの!レクシーは別居中の夫が事故に遭ったと知り、凍りついた。家出して3年半。つい先日、彼に離婚の書類を送ったばかりだ。結婚当初、19歳で身重のレクシーは、幸せだった。しかしフランコに、妊娠は結婚を迫るための罠と疑われ、やがて夫に愛がないと悟った彼女はショックのあまり流産した。あのとき彼は付き添ってくれた? いいえ、私は独りだった。それなのに今、フランコの入院先――小さな命を失ったのと同じ病院に立ち、レクシーは愛と哀しみに身を震わせていた……。*本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
公開日: 2022/08/19
海外
ライトノベル
 
ミステリーから幻想小説まで極上の11編!2021年、文芸誌に発表された数多くの短篇から、日本文藝家協会の編纂委員が審査を重ねて厳正にセレクト。収録した作品は、爆笑家族小説から手に汗握る近未来ミステリー、背筋も凍る怪奇幻想小説まで、非常にバラエティに富んだ高品質なラインアップ。作中にはマスク警察やマスク拒否男など、コロナ禍だから生まれたキャラクターもいて、まさに現在の日本の短篇小説がどのような方向に発展を遂げているかを1冊で窺える、大変お得なアンソロジーです。収録作家は、井上荒野「何ひとつ間違っていない」、荻原 浩「マスク・オブ・モンスターズ」、小田雅久仁「裸婦と裸夫」、黒木あるじ「春と殺し屋と七不思議」、小池真理子「ミソサザイ」、佐々木 愛「加賀はとっても頭がいい」、新川帆立「接待麻雀士」、中島京子「オリーブの実るころ」、パリュスあや子「呼ぶ骨」、湊 ナオ「キドさんとドローン」、矢樹 純「魂疫」の11名。解説は文芸評論家・杉江松恋。
公開日: 2022/08/05
ライトノベル
 
イゾベルが初めて彼に会ったのは、18歳の誕生日。ラファエル・ロメロ――この傲慢で冷酷な大富豪こそ、イゾベルがまだ8歳のときに親が決めた許婚だった。彼の支援がなければ、一家は破産の憂き目に遭う。「あなたと結婚するくらいなら、死んだほうがましよ!」爪を立てる子猫さながら抗う彼女に口づけ、彼は再会を誓った。3年後、パリ。独立し、貧しくも自由に暮らすイゾベルだったが、21歳の誕生日の夜、彼は現れた――妻を迎えに来たと言って。忘れもしないあのキスの記憶が、イゾベルの脳裏を駆け抜けた。*本書は、ハーレクイン・セレクトから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
公開日: 2022/09/29
海外
ライトノベル
 
2022年前半6カ月を収録。時事年表付き。文章のお手本、小論文試験の参考に。ロシアによるウクライナ侵攻。「まん延防止」が全面解除。円急落し円安続く。将棋の藤井聡太、10代初の五冠。佐々木朗希、完全試合達成。宮城、福島で震度6強の地震。知床沖で観光船沈没、捜索続く。沖縄復帰50年。海部俊樹さん、石原慎太郎さん、西郷輝彦さん、上島竜兵さん逝去。
公開日: 2022/09/07
ライトノベル
 
全国の書店員さんも大絶賛!感動のコメント続々!不器用な心を救う、ヒューマンドラマの名手、沖田 円の新たな最高傑作、ここに誕生!とめどなく切なく優しく温かい。「心の再生」の物語。そして……これはあなたの物語。さまざまな人生が交差し、疲れた羽を休めていく場所――喫茶とまり木へようこそ。そこは静かな街の片隅にある喫茶店。決して繁盛しているとは言えないが、毎日、様々な想いを抱えたお客さんが訪れる。仕事と家庭の両立ができず離婚した後も、母親になれなかった自分に苦悩する女性。男子であることに縛られ、趣味のアクセサリー作りを誰にも話せないでいる高校生。安定は手にしたものの、平凡で退屈な生き方から外れることに憧れる20代事務員女子。そして、ある特殊な依頼によって大切なことを知る便利屋男性……。それぞれの人生を紡ぐ温かな眼差し、沖田円渾身の「心に刺さる」連作短編。何気ない毎日の中で、自分の生き方がほんの少しだけわからなくなっている人に捧ぐ、小さな人生の再生ストーリー。読後は、生まれ変わったような希望に満たされて――。【沖田 円さんから読者の皆様へのメッセージ】 どこにでもいる人たちの、どこにでもある物語を書こうと思いました。自分が人生で体験しないだろうことを味わえるのは読書の醍醐味のひとつだと考えていますが、今作はあえて自分に身近な「そこら辺にいそうな人」たちを物語の主軸に置いてみました。本作に主人公はたぶんいません。喫茶とまり木にやって来た5人は、他の物語ならば名前も付かないモブかもしれません。でも彼らにだって悩みがあり、躓きがあり、人生にちょっとしたドラマだってある。今作は、そんな人たちのささやかな物語となりました。皆様のそばにいつの間にかいるような、古い友達みたいな本になればいいなと思っています。ほんのちょっとだけ明日が来るのが楽しみになりますように。 (作家・沖田 円)
公開日: 2022/09/23
恋愛
ライトノベル
 
「俺と式神レースで勝負しろ!」灯里は退学がかかった適性試験に合格し、穏やかな学園生活が送れると思った矢先――ライバル登場!?そして、体育祭の準備のさなか学園に不穏な影が忍び寄る……陰陽師を育成する学校を舞台にした学園ファンタジー第2弾!素質がないはずなのに陰陽師を育成する学校に入学することになった灯里。最強の陰陽師である雪影の特訓のおかげで無事に退学がかかった適性試験に合格する。季節は秋に移り変わり、学校は体育祭の話題でもちきりだった。体育祭の花形競技の『式神レース』に出場することを決めた灯里は、競技の練習中に奇妙な視線を感じるように……。待望の学園ファンタジー第二弾!序章 適性試験後の学園第一章 式神と気配第二章 上級生との出会い第三章 接触第四章 木の一門第五章 寮別対抗体育祭終章 陰陽師の因縁◆著者三萩せんや(みはぎ・せんや)1985年宮城県生まれ、東京農業大学卒業。大学図書館司書をしながら執筆活動を行い、2014年「神さまのいる書店 まほろばの夏」で第二回ダ・ヴィンチ「本の物語」大賞〈大賞〉を受賞しデビュー。著書は『後宮妖幻想奇譚 鳳凰の巫女は時を舞う』(双葉社)、『リモート授業になったらクラス1の美少女と同居することになった』(SBクリエイティブ)、『食いしんぼう魔女の優しい時間』(光文社)など多数。◆イラスト京一
公開日: 2022/09/30
ライトノベル
 
かつてブロストンとリックに地獄の特訓を受けたアンジェリカは、休暇でディルムット公国に戻っていた。そんなアンジェリカに急な来客が――。「アンジェリカ様!門のところに喋るオークが!あとなんか冴えないオッサンも!」「!!!!!」押しかけてきたのは、もちろんブロストン率いる「オリハルコン・フィスト」。何でも五つ目の「六宝玉」がディルムット公国にあるのだと言う。「オリハルコンフィスト」とディルムット家の面々が騒動を繰り広げる真っ最中、公国に世界屈指の特殊犯罪組織「ミスリル・インセクト」の影が迫っていた!!
公開日: 2022/06/17
ライトノベル
 
友だちができなかったらどうしよう――不安でいっぱいの新1年生ドゥンネは,エッラ・フリーダと仲よしになってから,何をするにも毎日いっしょ.ところが,とつぜんの引っこしで2人はバラバラに.泣いてばかりのドゥンネが,もう一度元気をとりもどすまでを,けなげに語ります.スウェーデンの名コンビによる絵物語.※この電子書籍は「固定レイアウト型」で作成されており,タブレットなど大きなディスプレイを備えた端末で読むことに適しています.また,文字だけを拡大すること,文字列のハイライト,検索,辞書の参照,引用などの機能は使用できません.
公開日: 2022/09/22
ライトノベル
 
【『三角の距離は限りないゼロ』タッグが贈る、青春×タイムリープストーリー!】「一緒にいてよ、今度は」 卒業式、俺は冴えない高校生活を思い返していた。成績は微妙、夢は諦め、恋人とは自然消滅。しかも彼女は今や国民的ミュージシャン。すっかり別世界の住人になってしまっていた。 だがその日。 その元カノ・二斗千華(にとちか)が失踪した。 呆然とする俺は……気づけば入学式の日、過去の世界にタイムリープしていた。 この世界でなら、二斗を助けられる? ……いや、それだけじゃ駄目なんだ。 今度こそ対等な関係になれるように。彼女と並んでいられるように。 俺自身の三年間すら全力で書き換える! 卒業(おわり)から始まる、青春やり直しラブストーリー。
公開日: 2022/09/09
恋愛
青春
ライトノベル
 
『奇跡の子』が集った新進気鋭の天才冒険者パーティー『黒虎』で、唯一頼りない支援術士と思われていた少年、ソル・ロック。力不足だとリーダーから追放宣言を受けたソルだが、彼の本当の能力『プレイヤー』は、『仲間』に強力なジョブやスキルを与え超強化する神の如き最強の力だった!『奇跡の子』の力が実はソルが与えたものだと気付いていた『鉄壁』のリィンと『癒しの聖女』ジュリアと共にパーティーを抜けたソルは、次は誰にも邪魔されぬように『プレイヤー』本来の力を解放し最強パーティーを創り上げる――『封印されし邪竜』『囚われの妖精王』『死せる神獣』『虚ろの魔王』、果ては『呪われた勇者』に至るまで。たった一体でも世界を相手にできる怪物たちを『仲間』としたソルによる、圧倒的『プレイヤー』無双が今始まる!!
公開日: 2022/07/19
ライトノベル
 
夫、三浦朱門がなくなってはじまったひとり暮らし。誰もが最期はひとりになる。一人暮らしの過ごしかた。
公開日: 2022/06/16
ライトノベル
 
冴えない秘書から、洗練された妻へ。ボスとの偽りの結婚は、短い夢――カリスマ建築家コーマックの秘書を務めるリジーはある日、海外リゾートへの出張に同行するよう急に言い渡される。2年以上もボスに密かな想いを抱いているけれど、地味な私に、彼は仕事の指示以外は話しかけてもくれない……。なのに、二人きりで出張? しかも家まで押しかけてきて、秘書にふさわしい服を今から買い揃えようと言い出したりして。戸惑うばかりのリジーだったが、翌朝の飛行機で、彼女はコーマックが口にした言葉に、耳を疑った。「この週末、きみは秘書ではない。妻だ」*本書は、ハーレクイン・ロマンスから既に配信されている作品のハーレクイン文庫版となります。 ご購入の際は十分ご注意ください。
公開日: 2022/06/23
海外
ライトノベル
 
君はもう普通のパイロットではない。我が社にとって失いたくない兵器――基地でトップの成績を収めるクサナギは、女性でキルドレのエースという話題性から、講演や報道陣向けのプロモーション飛行など企業広報に使われるように。鬱屈した日々を送る中、待ちに待った実戦の指令が下る!〈解説〉室屋義秀巻末著者インタビュー〈聞き手〉清涼院流水
公開日: 2022/09/21
ライトノベル
 
かつて医者として多くの人を救ってきたチサトこと荻野知聡。そんな彼が異世界転生時に授けられたのは、「暗殺者」の天職であった――。ミルの秘密を守るため、ニーネをその手にかけたチサトはある日、知己の者との再会を果たす。それは、チサトがかつて滞在していたロットバルト王国第一王女のマリー・シュタールバウムその人。そしてチサトは彼女から「義兄である第一王子ルイスより守ってほしい」と依頼を受けることになり……?「助けたくても、救いたくても救えない命もあるっていうのに、何で――」第8回オーバーラップ文庫大賞《金賞》受賞。ファンタジーサスペンス第2幕!
公開日: 2022/06/25
ライトノベル
 
ヤル気満々!! むっちりムレムレ古い洋館の’気’にあてられて、モヤモヤしはじめる女たちの淫業は──。大学で助手をしている則夫は、夏の思い出づくりにミステリー研究会の面々で、取り壊しが決まったという田舎の屋敷を訪れた。女子大生二人と大学OG、同僚の助手の今日香と洋館の持ち主の養女──男は則夫ひとりだけ。旅先での解放感から憧れのメガネ美女・今日香との関係が進展することを期待していたが、屋敷で過ごしていると、不思議と淫らなことに遭遇しはじめる。さらに、則夫の部屋にはなぜかメイド服姿の女子大生たちが!? めくるめく濃厚濃密体験には、亡き作家が夢見たメイドカフェへの淫念が影響しているようで……。【目次】第一章 お泊まり会に男が一人第二章 憧れメガネ美女の匂い第三章 メイドたちの熱き欲望第四章 艶めく熟れ肌の温もり第五章 二人がかりで貪られて第六章 柔肌と蜜の目眩く一日【関連ワード】悦文庫 官能小説 ロマンス 熟女 女子大生 コスプレ 人妻 養女 作家 先輩 眼鏡美女 美人 喫茶店 洋館 エプロン 夏休み 宿泊 旅行 合宿
公開日: 2022/09/29
ライトノベル
 
『青く滲んだ月の行方』(青羽悠)と繋がる、共感度120%の青春小説。<第1話 さんざんな朝>就活生の皐月は、あるレコード会社の面接で「あなたを売ってください」という質問を受ける。自分を商品にした時の魅力はなんなのか、うまく答えられず、落ち込みながら今日も1人反省会をする。そんな中、大学の先輩のSNSで、恋人の浮気場面らしき写真を見つける。社会人で、皐月の就活に興味がなさそうな彼とは、最近うまくいっていない。自分の気持ちに正直に生きたいけれど、私だけが何にもなれずに取り残されてしまうのかーー?<第2話 砂が落ちる>「好き」は終わりの始まりだ。パパもバイト先の先輩も、彼氏も、マッチングアプリで出会った男の子たちも、みんなあたしの元からいなくなった。わかっているはずなのに、大学2年生の愛衣は新たな誰かを探す衝動が抑えられない。それはまるで、「いらない」と思われた自分を傷つけるかのようだった。砂時計の砂が落ちていくように、人間関係にもタイムリミットがある。それでも、と願う愛衣が出した答えとは?<第3話 手紙>大学生の井ノ坂文は、SNSで人気のシンガーソングライター・ふみとして活動している。活動当初から、自分の経験をひとつずつ切り出して楽曲を作っていた文は、誰かの「自分のための曲」を作ることはできても、楽曲を通して誰とも繋がれないことに不安を感じていた。新曲の制作が進まずもがく彼女は、ふと男子高校生の自殺のニュース目にすると、彼のために曲を書こうと思い立ち――。<第4話 あと一歩>「男女の友情なんて成立しない」。男同士、女同士だって、友情が成立しないことはあるのに、どうして男女の間だけーー?智子が、愛衣と涼太と飲む場所は、ラブホテルが定番となっている。終電も気にしなくて済むし、いつでも寝られるし、お店で飲むよりも安く済む。恋バナをしたり、就活の相談をしたり、定番となった三人で飲む時間だったが、その中で智子はある思いを抱えていてーー<第5話 色を変えて>大学4年、11月。まだまだ先が見えない毎日を送る皐月は、キャリアセンターで相談してみることに。「やりたい仕事が分からない」と打ち明けると、「自己分析」をしてみては、と勧められた。面談を終えてスマホを見ると、サークル仲間の奈美から卒業旅行の誘いのLINEが。自分がいることで気を遣わせるのも申し訳ない、と不参加と返信すると、奈美から電話がかかってきた。「それでも私は皐月のこと、大事な友達だと思ってるよ」友達って何なのか、そして、私って一体どういう人間なんだろうーー?
公開日: 2022/06/30
ライトノベル
 
時は神々が遊ぶ平安の世――。死後、天神となった菅原道真は、高位の女神の差し金で、人と鬼の間に生まれた「半鬼」の赤子を育てることに!泣けばすぐ鬼火を出す子に神力を与え、あやす日々。やがて彼は、檜垣行夜(ひがき ゆきや)と名乗る麗しく優秀な青年に成長した。しかし道真は、陰陽寮で学ぶ行夜が心配でつい過干渉になってしまう。一方、思春期の行夜は、義父を尊敬しつつ、自立したいともがいていた。ある日、父子は、名高い陰陽師・安倍晴明の息子・吉昌から奇怪な失せ物探しの代理を頼まれる。吉昌の知己(おそらく元恋人)からのその依頼には、どうやら物の怪が絡んでいるらしく――!?天才神様パパ×強がり半鬼息子。両片想い親子の、ほろりと泣ける平安あやかし事件簿!
公開日: 2022/09/21
ライトノベル
 
うしろから、あおり運転。助手席に、認知症の老人。 介護タクシー会社に勤務する芹沢千晶は、ある日、仕事中に後続車からあおり運転を受けた。黒く巨大な車は獣のように荒々しく、車間を詰めてパッシングを繰り返す。助手席に認知症の老人を乗せる千晶は、次第に不安と恐怖を抱き始める。何が気に入らないのか、何が目的なのか、ハンドルを握る手に汗がにじむ。やがて単なるあおり運転とは別の悪意を感じ始め……。悪夢のような一日と、その果てに辿り着く恐るべき結末。このドライブの結末は、誰も予想できない――。極限下のドライブホラー!
公開日: 2022/07/23
ライトノベル
 
「レンアイなんかしない!」と思っている桃花(中1)。友だちと『絶対好きにならない同盟』を結んでいるけれど、かわいい容姿をしていることもあり、男の子から想いを寄せられることが多い。ある日、知らない女子にからまれているところを、モテ男子の「晴斗先輩」に助けられる。「俺が彼氏になってあげよっか?」と申し出られたけれど、そんなに’軽い’男の子は、桃花が一番苦手とするタイプで……!? 大人気シリーズ第3弾!!
公開日: 2022/06/16
ライトノベル
 
本年の話題作『ホサナ』につづいて、町田文学の傑作がまたもや誕生。世間並みに生きることが困難になり、「余」を自称して超然と生きることを決めた男。上から目線で世の中を見下ろすことで、自尊心を保っていたものの、数々の思わぬ出来事により精神に変調をきたし、自殺願望にさいなまれるようになる――そんな格闘を経て、本作では世の中の人とふれあって普通に生きよう、生を肯定せんとする余の懊悩する姿が描かれる。その心の内からつむぎだされる言葉とイメージの世界は町田作品の中でもっともテンションが高い。読者は強烈な笑いと、筆舌につくしがたい文学体験に誘われるだろう。
公開日: 2022/09/01
ライトノベル
 
青春小説の名手・音はつきによる小説『夏の夜明けを待つ僕ら』。本作は、自分自身を失った主人公とヒロインが「本当の自分」や「本当に大切なもの」を取り戻していく、感動の再生ストーリー。社会に馴染めず孤立していった会社員の橘 一真(主人公・たちばな かずま)と、成功の裏で心をすり減らしていったシンガーソングライターの榎南 雫(ヒロイン・えなみ しずく)。息苦しい毎日の中で自分を見失い、行き場のない想いをひとり抱えながら、彼らがたどり着いたのは、ある小さな村だった。そこで生きるのは、信念を貫く個性豊かな住民たち。彼らの生き様は、一真と雫に大きな影響を与え、次第にふたりを変えていって……。自分らしい生き方、人生を手にするまでの――これはひと夏の物語。いつまでも忘れない。「僕らはいつも、自由なんだ」共感度1000%! 切なくも瑞々しい青春を描いた不朽の名作!
公開日: 2022/09/14
青春
感動
ライトノベル
 

©LOQUY 2018-2021 AllRight Reserve.