COMIC
GAME
G動画
G写真
ラノベ
通販
いいね
Rank

【日本文学】タグのライトノベル・小説

「僕も歌ってみたい! みんなでアカペラしようよ!」『FYA’M’』の野外ライブを観た壱の言葉から、すべては始まった――!仲良しの燐と雨夜と一緒に、後輩の道貴とルカを迎え設立した、都立音和高校アカペラ部。彼らが目指す先は、高校生限定アカペラコンテスト『アオペラ』で……!?ここでしか読めない書き下ろしエピソードをたっぷり加えて、都立音和高校アカペラ部の設立から、初の合同ライブまでを収録♪真っ白な譜面からみんなで書き上げたこの一曲(ものがたり)、どうか君へ届きますように!
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
地味で取り柄もない菫。派手好きで浪費家の母と姉に、稼ぎから家の仕事まですべて押し付けられ、身も心もボロボロだった。ある日、姉の借金の取り立てにヤクザが乗り込んできて……返済の代わりに、菫はヤクザに売られてしまった。 家族に捨てられ沈む菫に、何故か若頭の桐也は親切に接してくれる。やがて店に出るため着飾った菫を見て、桐也は意を決したように言うのだった。「……店に出なくていい。俺の専属家政婦になれ」 ――やがて結婚し幸せになる二人が、お互いの居場所を見つけていく、不器用な溺愛生活がはじまる!
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
「そんなことを言うなら、他所へ引っ越せばいいじゃないですか」初めて理事会に出席して不透明な管理費支出に疑問を投げかけた大竹は、他の理事から総スカンを食らう。「このマンションはおかしい!」調べると、大手マンション管理会社の東アメと古い理事との癒着で、住民がプールしている膨大な管理費が彼らの都合のいいように使われていた。理事会や無関心な住民の白眼視の中、たったひとりの叛乱を起して不正を追求する大竹…。その驚くべき実態!?
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
福島県北部に位置する単独峰、嶺雲岳。この山を十二年ぶりに訪れた深江信二郎は、亡き親友である植村の妻真弓と、遺児佳子の母娘の姿を見た。一方、無頼の男たちを束ねる遠藤達也も入山し、謎の中国人組織と銃撃戦を開始した。深江と母娘は、その争いに巻き込まれてしまう。山が血で染まっていく……。彼らの正体は? そして、深江と母娘の過去の因縁とは?気鋭が山岳アクション小説に新境地を拓いた!
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
不正入札で旧国鉄用地を独占!建設業界を知り尽くした著者が大手ゼネコンによる前代未聞の巨額不正入札事件の全貌を暴く。業界を震撼させる衝撃の企業内幕小説。
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
「佐治は偽悪病患者だ。接近させてはいけない」兄の警告を妹は一笑に付したが……犯罪の萌芽から事件発生と解決まで往復書簡形式で語られるモダン探偵小説の表題作、犯行に至る殺人者の心理を克明に描き、’なぜ殺したか’の謎を追求した「死の倒影」「情獄」、掘り出し物の骨董をめぐる奇譚「金色の獏」、都市伝説めいた怪現象が連続猟奇殺人に発展する犯罪幻想譚「魔法街」他、全九篇。日本探偵小説草創期に江戸川乱歩、甲賀三郎とともに絶大な人気を博した巨匠、大下宇陀児の多彩な作品を紹介する短篇傑作選。/【目次】偽悪病患者/毒/金色の獏/死の倒影/情獄/決闘介添人/紅座の庖厨/魔法街/灰人/〈エッセイ〉探偵小説の型を破れ/探偵小説不自然論/解題/解説=長山靖生
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
その日、神紅大学ミステリ愛好会の葉村譲と剣崎比留子を含む九人が、人里離れた班目機関の元研究施設’魔眼の匣’を訪れた。その主であり、予言者として恐れられている老女は、来訪者に「あと二日のうちに、この地で四人死ぬ」と告げた。施設と外界を結ぶ唯一の橋が燃え落ちた後、予言が成就するがごとく一人が死に、閉じ込められた葉村たちを混乱と恐怖が襲う。さらに客の一人である女子高生も予知能力を持つと告白し――。残り48時間、二人の予言に支配された匣のなかで、葉村と比留子は生き残って謎を解き明かせるか?! ミステリ界を席捲した『屍人荘の殺人』シリーズ第2弾。/解説=大山誠一郎
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
桜子の名前にちなんでその屋敷は建てられた。千本通のすぐ近く、桜の古樹が佇む空き地の前に。しかし、かつてこの地には人喰いの鬼がいたという。そんな伝説をなぞるように奇妙な男女が現れて、平穏で退屈な屋敷の日々は狂いだす--心を蝕む欲望の恐ろしさを捉えた妖美な連作怪奇譚。〈解説〉黒木あるじ
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
京都<千年の古都・世界のKYOTO>を、今よりもっと味わい深く――。本書は、気象予報士の著者が『源氏物語』をまったく新しい視点から読み解きます。「気象」から『源氏物語』に触れると、京都はいつもより魅力的に映ってくるのです。紫式部は、科学的といえるほど精緻に気象現象を描写していたことがわかりました。――そう、まるで平安時代の気象予報士かのように……!!紫式部はなぜここまで気象の描写にこだわったのか? 本書はその謎にも迫ります!<著者からのメッセージ>「京都を歩くと、『源氏物語』の気配を感じることがあります。山や川、日々の天気や四季折々の風や光、雨、しぐれ……。そこに平安人たちの気配を感じることができたら、どんなに素敵なことでしょう。ぜひみなさんの新しい目で、紫式部が気象の描写に込めた意図や思いを楽しんでください。私にはそれが、はるか千年の時を超えて現代に届いた、紫式部からのメッセージにも思えるのです」『源氏物語』に描かれた風と光を、千年後の京都に探しにいきませんか?(※本書は2016/10/22に株式会社 三五館より発売された書籍を電子化したものです)
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
現代日本語を語る上で欠かせない外国文学の翻訳。作家は何を求めて原文と向き合い、何を得たのか?比較文学の第一人者の秀作評論二葉亭四迷、森鴎外の例を待つまでもなく、作家による外国文学の翻訳は日本近代文学の成立に決定的な影響を及ぼした。大正期にも谷崎潤一郎、佐藤春夫、芥川龍之介などが積極的に翻訳を行い、自らの文体を磨き、創作の幅を広げてきた。その頂点とも言うべき存在が村上春樹であり、アメリカ文学の受容と翻訳の取り組みがなければ、現在の村上文学は存在しなかったと言っても過言ではない。作家たちは果たして何を求めて外国文学の原文と向き合い、何をそこから得たのか?日本語と日本文学に、翻訳はどんな影響を及ぼしてきたのか?比較文学の第一人者が、多様な視点から「作家の翻訳」を考察する、畢生の秀作評論。翻訳者、翻訳志望者はもとより、日本語と日本文学に関心のある読者、必読の書。(※本書は2011/8/25に株式会社 武田ランダムハウスジャパンより発売された書籍を電子化したものです)
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
「このことは、けっして誰にも言っては駄目よ。いい? これだけは約束してね。もしも誰かに話したら……。たとえ親友でも、恋人でも、どんなに親しいひとにもね。話したら、あなたを絶対に許さないから」高校生の鹿島真一の唇に指を当て、そう告げた六花。ぞっとするほどの怖い目つきに圧倒された真一だったが、彼女と誰にも口外しないことを誓って別れた。だが十年あまりの歳月を経て、あの情熱を込めた約束を破ったとき、真一はいままで築いてきた幸せが、儚く脆いものだと知ったのだった。愛にすべてを捧げた女の、哀しく切ない想いを紡ぐ、現代に蘇る「雪おんな」の物語。表題作「六花」ほか、真一に関連する短編三作品を収録。
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
【内容紹介】強い、弱い、きれい、汚い……、すべての存在をあるがままに命がけで肯定した天才とその天才を生み育てた「母」の物語3人の「かあちゃん」が大好きだった 赤塚不二夫のすべて 天才・赤塚不二夫。赤塚は、無防備な幼児だった。3人の『母』がそれを理解し、補い、支え、天才を育てた。実母、りよは、十歳の長男(赤塚)を筆頭に4人の子どもを連れ、満州から1人、引き揚げてきた。漫画と接する機会を与え、漫画家を志した赤塚を応援した。最初の妻、登茂子は、アシスタントとして、妻として、出世作『おそ松くん』を共に描き、プロとしての漫画家・赤塚不二夫を育てた。そして二番目の妻・真知子は、アルコール依存症になり、がんも患うなど、どん底に落ちた赤塚を世話女房として復活させ、その命をつないだ。3人の「母」を通して描く、知られざる赤塚不二夫の物語。
公開日: 2022/08/12
ライトノベル
 
交流は不必要、他者には常に不干渉。そんな人間嫌いの香良洲空也の隣の席に転校生がやって来る。ファティマ・クレイ。容姿端麗だが、終始無言で無愛想。空也もいつも通りの無関心でよかったはず――彼女が’同じ家族’でなければ。一緒に買い物へ出掛けたり、ごはんを作ったり。実は祖母の養子であった彼女となし崩し的に始まる半同棲生活。でも、これ以上は踏み込めない。お互いの共通点が『人間嫌い』だと知っているから。けれど、「好きだ」という気持ちはもう抑えきれなくて――。これは一つ屋根の下で芽生える恋の物語。※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
公開日: 2022/08/11
ライトノベル
 
「わたくしとの婚約を破棄してください」ルルーシェは第一王子サザンジールに婚約解消を申し出る。死を避けられない自分を忘れ、新たな王妃との人生を歩んでもらうために――。「ルルーシェ! 俺と結婚してくれっ?」しかし、サザンジールは婚約解消に応じることはなく、むしろ積極的に迫るように!?「ルルーシェを独り占めできるなんて、最高だね」さらに第二王子ザフィルドまで露骨に誘惑をするようになり、ルルーシェを取り巻く環境は大きく変わっていく。『ねぇ神様。例のお約束の件、覚えていてくれてますか?』『何でも欲しいモノってやつ? もちろん覚えているよ』神様との勝負【美しい死に様】を遂げるため、ルルーシェは全力で100日間を駆け抜ける。「最期までちゃんと見ていてくださいね」そして迎えた人生最後となるダンスパーティの夜、ルルーシェに奇跡が起きる……。※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
公開日: 2022/08/11
ライトノベル
 
Izanaki and Izanami are the significant deities that give birth to all living things in this world, including humans, lands, and even natural objects and phenomena. Despite their creations, tragedy strikes down on the goddess, Izanami, when a deity of fire kills her. Izanaki’s grief leads him to the Land of the Dead to revive her but arrives too late. Their fate seems to separate the Land of Life and the Land of the Dead. And Izanaki who returns from the Land of the Dead purified himself and begets the Three Precious Children, the Sun Goddess Amaterasu, the deity of water Susanoo, and the deity of the Moon Tsukuyomi. Amaterasu, the ancestor of the imperial family, rules the world of Heaven and nurtures all living things on the earth, and Susanoo nurtures all living things by providing water from the underground and also absorbing all our impurities, agonies, sins, carrying them underground.
公開日: 2022/08/11
ライトノベル
 
今月はアニメも大好評、二期も決定した「スライム倒して300年」の新刊登場!賢者ミユの案内で聖剣が封印されている神殿に向かった一行は……ほかにも(馬)車の運転免許を取りに行ったり、一日校長をやったりと、相変わらずにぎやかでツッコミまくりの楽しいエピソードがいっぱい!巻末にはベルゼブブ主役の「ヒラ役人やって1500年、魔王の力で大臣にされちゃいました」も収録!魔王様の第二形態……だと……!新シリーズはやっぱりラブコメ!お互いに人間嫌いの二人が’家族’になり……一つ屋根の下で芽生える恋の物語。GAノベルでは2タイトルがきれいに完結!「挟まれた私」と「100日後に死ぬ悪役令嬢」、きちんと結ばれてのハッピーエンドはやっぱり読後の満足感が違います!もちろん、辺境快適スローライフ「変な竜と元勇者パーティ」や、最後の姉、五女エクレシアとの芸術対決! 「家で無能と言われ続けた俺ですが」と、人気シリーズの続刊はまだまだ続きます!暑すぎて外に出られないときは、クーラーが効いている部屋で8月のGAラインナップをお楽しみください!※収録作品の製品版は、8月11日(木)より配信予定です。※当立読み合本版は、製品版と一部異なる可能性がありますので予めご了承ください。【収録作品】<GA文庫>家で無能と言われ続けた俺ですが、世界的には超有能だったようです5冷たい孤高の転校生は放課後、合鍵回して甘デレる。<GAノベル>お色気担当の姉と、庇護欲担当の妹に挟まれた私2スライム倒して300年、知らないうちにレベルMAXになってました21100日後に死ぬ悪役令嬢は毎日がとても楽しい。2変な竜と元勇者パーティー雑用係、新大陸でのんびりスローライフ5
公開日: 2022/08/11
ライトノベル
 
【期間限定 試し読み増量版】交流は不必要、他者には常に不干渉。そんな人間嫌いの香良洲空也の隣の席に転校生がやって来る。ファティマ・クレイ。容姿端麗だが、終始無言で無愛想。空也もいつも通りの無関心でよかったはず――彼女が’同じ家族’でなければ。一緒に買い物へ出掛けたり、ごはんを作ったり。実は祖母の養子であった彼女となし崩し的に始まる半同棲生活。でも、これ以上は踏み込めない。お互いの共通点が『人間嫌い』だと知っているから。けれど、「好きだ」という気持ちはもう抑えきれなくて――。これは一つ屋根の下で芽生える恋の物語。※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
公開日: 2022/08/11
ライトノベル
 
【期間限定 試し読み増量版】「100日後にきみは死ぬ」公爵令嬢ルルーシェは神様から天啓を受けた。ただでさえ婚約者の王太子殿下は他の女にうつつを抜かし、婚約破棄は目前と言われているのに……。しかもその未来を知ったとて、ルルーシェの死は変えることができない。だが、死に様やその影響は変えられる──そう教えられたルルーシェは神様に賭けを申し出る。「わたくしの死に様が美しければ、褒美を下さい」「いいよ。次の人生に望むモノを何でもあげる」ルルーシェは残していく家族への支援や、己の死の裏で蠢く「陰謀」を止めようと行動するが──。悔いのない優美な最期を迎えるため、神様すらも翻弄する、ルルーシェ最後の100日が始まる。※電子版は紙書籍版と一部異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください
公開日: 2022/08/11
ライトノベル
 
アンナ・カハルナの不思議。───雷神・風神の絆は一生切れない。それは、鎮守の森の贈り物。男と男、男と女、親と子。さまざまな「絆」が交錯する。数多くのゲイ小説作品を発表し続ける小説家・城平海による、描き下ろし小説単行本第2弾。旬を過ぎたゲイの出張ホストが、東京から山村へと移り住み、新たな人生を歩み始める姿を描いた本作に、加筆修正を加えて待望の電子書籍化!男に身を売ることでしか生きていけない哲也・32歳。かつてはそのルックスの良さで、新宿二丁目でも知られた存在であった。しかし今では歳のせいもあり、声がかかることも少なくなった。そんな彼にある日突然、田舎の農村から指名が入る。不思議に思いつつも、向かった先で待っていたのは、かつての憧れの男、健二郎であった。そんな出張を幾度か重ねた後、父親の介護に追われる健二郎との共同生活を始めることになる。都会から田舎へ。出張ホストから農村青年へ。都会でのゲイライフとはまるで違う日々に、哲也は戸惑うばかりであった。公にできない男同士の恋愛、年老いた親の介護、田舎での暮らし、村人同士の噂話…。しかしそんな折、村祭りでの神楽の舞い手がいないという相談がもちかけられ、哲也に白羽の矢が立つ。この舞をきっかけに、さまざまな人々との、新たな絆が生まれ始めるのだが…。
公開日: 2022/08/11
ライトノベル
 
『活版印刷三日月堂』著者が心を込めて描く大人気シリーズ第三弾!書店イベント、作家や歌人との出会いをきっかけに自分を見つめ直す一葉。今を受け入れつつ歩を進めるその先には…静かな決意に涙し前を向ける物語。
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
世間を震撼させた猟奇事件に中上健次が迫る。 海と山に囲まれた熊野の寒村。そこでひときわ広い土地を所有する池田家の長男・達男は、小さいころから悪行が絶えず、猿の肉を食べたり、神事に使う魚を獲るなどやりたい放題。それでも面と向かって文句を言う者は誰もいなかった。 そんななか、何者かがハマチの養殖場に重油を流して地元に大損害を与える事件が発生。次いでぼや騒ぎまで起きた。だれもが達男の仕業だと考えたが――。 実際に起きた「熊野一族7人殺害事件」をもとに、中上健次が映画シナリオを書き下ろした話題作と、のちに雑誌連載されたノベライズ版を収録。
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
「一緒に、失くした記憶を探しに行こう」。彼女の言葉で、僕らの旅は始まった。過去を奪うものたちに抗い、ままならない現在を越えていく、〈愛と記憶〉をめぐる冒険。デビュー作『鳥がぼくらは祈り、』、芥川賞候補作『オン・ザ・プラネット』を超える、鮮烈な飛躍作!「ねえ、覚えてる?」--両親を知らずに育ち、就職した僕〈一志〉のもとに、見知らぬ女性が訪れる。〈杏〉と名乗る彼女は忘れていた過去を呼び起こし、僕の凡庸で退屈な日常が変化していく。〈不可視のシステム〉に抵抗し、時間の境界を越える恋人たちの行方は――?
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
頭のなかに雨が降る。小説という名の異世界。町田康の九つの世界に溺れる一冊。犯人当てミステリー背筋も凍るホラーサスペンス異世界ファンタジーお伽話の現代語訳果ては美少年BLまで――名手が演じる小説一人九役!【内容紹介】狭い部屋で暮らす男のもとへやって来た、白い謎の生き物。機嫌がよいときはころころ転がって過ごしているが、機嫌が悪くなると、糞尿を垂れ流し、嘔吐し、ひどい声で喚き立てる。だが、ある日を境に、生き物はどんどん可愛くなり、男の人生もみるみる好転し――(「エゲバムヤジ」)。短篇の快楽に満ちた作品集。【収録作品】エゲバムヤジ山羊経文久二年閏八月の怪異百万円もらった男付喪神ずぶ濡れの邦彦記憶の盆おどり狭虫と芳信少年の改良
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
僕には【サバの味噌煮の缶詰】を見ると思い出す友だちがいる。小学校の運動場。放課後にサッカーボールを追いかけることだけが人生の全部だった、あの頃。そこにはタケちゃんがいた。小学校最後の夏休み、僕はタケちゃんと一緒に冒険の旅に出た――。懐かしくて、じんと来る、笑いと涙の映画『サバカン SABAKAN』(2022年8月19日全国公開、出演は番家一路、原田琥之佑、 尾野真千子、竹原ピストル、貫地谷しほり、草なぎ剛)。本書は金沢知樹監督が書き下ろした原作小説です。「サバカン SABAKAN」「ガンダムの恋」「弟と少年ジャンプとプラネットマン」の三篇を収録。
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
家族仲がしっくりいかず、生き方に迷う主婦。16歳になる直前まで自分が在日韓国人だと知らなかった姉妹。ゲイであることに葛藤する男子高生。血の繋がった子どもを持てなかった母親。卒業式の日にプロムを開催すべく奮闘するモーレツ女子高生たち――ままならない日常に悩み惑う人たちの踏み出す一歩が、あなたの背中をそっと押してくれる。『余命一年、男をかう』で大注目の著者が贈る、明日もがんばる元気をくれる連作短編集。
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
死ぬまでにものを減らさなければならない。モノ、お金、家、財産、何も残さないので跡形もなく消えたい。曽野綾子の終活エッセイ。あなたは、「身辺整理」はじめていますか。死ぬまでにものを減らさなければならない。人間は死んだ後に何も残さないのが最高だから。モノ、お金、家、財産、すべてを減らして生きる。曽野綾子が贈る珠玉のエッセイ集。
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
小さな町工場の息子・山崎瑛。そして、日本を代表する大手海運会社東海郵船の御曹司・階堂彬。同じ社長の息子同士でも、家柄も育ちもまったく違うふたりのアキラの、人生を賭した戦いが始まった――。2022年8月26日の映画公開を記念して、池井戸潤の映画撮影現場潜入インタビュー、試し読みを収録した小冊子を配信。ぜひダウンロードしてお読みください!
公開日: 2022/08/10
ライトノベル
 
『王家の瞳』の持ち主として、祖父であるフォルトゥナ公爵に連れ去られたアルベルティーナ。保護という名目でヴァユ宮の一角に閉じ込められてしまうものの、そこで出会った謎の生物にチャッピーと名付け、寂しくも穏やかな日々を過ごしていた。アルベルを奪還するべく頭を悩ませるキシュタリア、ジュリアス、ミカエリスと時同じくして、遠征中の最恐お父様グレイルも、一刻も早く愛する娘の元に帰ろうと想いを馳せていたが――。完全無欠なお父様の愛で育った無自覚系天然タラシな悪役令嬢アルベルの一代記、待望第3巻!※電子版はショートストーリー『夢見るお嬢様』付。
公開日: 2022/08/09
ライトノベル
 
名門私立女子校で英語教師として働いていた篠田十希子は、突然母の死を知らされる。勤め先である高級料亭の客の商社の男と心中したというのだ。同僚との結婚も間近。娘の花嫁姿を楽しみにしてくれていた母が死ぬはずがない――。死の謎を解くため、十希子は母の勤めていた高級料亭で仲居として働き始める。謎多き客たちに探りを入れるうち見えてきた、驚愕の真相とは。昭和三十年代を舞台に描く愛と復讐のサスペンス!
公開日: 2022/08/09
ライトノベル
 
老親の面倒を見てきた桐子は、気づけば結婚せず、76歳になっていた。両親をおくり、年金と清掃のパートで細々と暮らしているが貯金はない。このままだと孤独死して人に迷惑をかけてしまう。絶望していたある日、テレビを見ていたら、高齢受刑者が刑務所で介護されている姿が目に飛び込んできた。これだ! 光明を見出した桐子は「長く刑務所に入っていられる犯罪」を模索し始める。(解説:永江朗)
公開日: 2022/08/09
ライトノベル
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
>
>>
 
15632 件中   1 30


©LOQUY 2018-2021 AllRight Reserve.