COMIC
GAME
G動画
G写真
ラノベ
通販
いいね
Rank

メガソーラーが日本を救うの大嘘

テレビ・新聞の最凶タブー!太陽光発電で環境破壊が進みつつある恐るべき事実太陽光発電というと「地球に優しい」「持続可能な自然エネルギー」という良いイメージが強いが、日本政府が莫大な補助金を支出していること、それが「再エネ賦課金」として市民の電気代に上乗せされていることをご存じだろうか? それどころか、土砂災害リスク、森林伐採や有害物質の流出など、太陽光発電は<まったくエコではない>という’不都合な真実’が隠されている――。
それでは、いったい何のために「メガソーラー事業」が推進されているのか? 「エコビジネス」で荒稼ぎしているのは誰なのか? 複数の識者が徹底レポートする。
●再エネ賦課金で電気料金が「爆上がり」●発電パネルがもたらす環境破壊と災害リスク●外資ステルス参入日本国土が’売られる’ ●「太陽ファースト」を強行する小池都政の愚ほか【目次】第一章 「太陽光発電が日本を救う」の大嘘●巨額の国民負担で‘ジェノサイド支援″東京都「パネル義務付け」はこんなにヤバい!……杉山大志(キヤノングローバル戦略研究所研究主幹)●‘ザル法″で全国に乱立するメガソーラー建設計画人命や環境保護よりも再エネ推進が大事か……山口雅之(全国再エネ問題連絡会 共同代表)●義務化強行の‘暴挙″に出た小池都政が「太陽光パネルファースト」に固執する理由とは?……上田令子(地域政党自由を守る会代表、東京都議会議員)第二章 環境原理主義が国民を不幸にする●ソーラー事業推進で日本だけが大損!脱炭素の大号令に惑わされず、現実路線に転換を……加藤康子(元内閣官房参与、評論家)●またもや大暴走するドイツ・緑の党再エネ推しで「ロシア依存」を打破できるのか……川口マーン惠美(作家)●日本の基幹インフラにステルス参入する中国資本太陽光発電事業は侵攻の「隠れ蓑」なのか?……平井宏治(株式会社アシスト代表)第三章 再エネ推進が招くエネルギー危機●G7中心の歪な「環境原理主義」が世界を分断しエネルギー危機を長期化させる……有馬 純(東京大学公共政策大学院特任教授)●「再エネ賦課金」で電気料金が爆上がり格差拡大と電力クライシスは現実になる……山本隆三( 国際環境経済研究所所長)第四章 太陽光マネーの「不都合な真実」●「再エネは社会に役立つ」という虚構利権が絡めば科学者は平気でウソをつく……掛谷英紀(筑波大学システム情報系准教授)●企業「環境・CSR担当」が告発欺瞞に満ちたESG、SDGsと‘下請けいじめ″……藤枝一也(素材メーカー環境・CSR担当)●「再生エネ政策」礼賛一色の大手メディアが‘負の側面″について沈黙を貫くワケ……三枝玄太郎(元産経新聞記者、フリーライター)




ユーザレビュー
  • 0
  • 0
  • 0



実用書
沖縄、薩摩半島、そして屋久島へ。海の民が伝えた屋久島古謡’まつばんだ’の謎を追うノンフィクション大作!かつて屋久島で歌われていた「まつばんだ」は、琉球音階が取り入れられた民謡です。ただ、屋久島は沖縄や奄美からはるか北方にあり、琉球文化圏ではありません。なぜ屋久島に琉球の名残があるのか、ごくわずかな例を除いて本格的な調査が行われてきませんでした。それならば、と3年がかりでフィールドワークを敢行。そこから見えてきたのは、沖縄〜鹿児島〜南西諸島に暮らす海洋民たちの生活史でした。同時に、この民謡を復活させようとする島民たちの活動も追っています。本書は、そんな旅や歴史民俗の要素を含んだノンフィクション書籍です。【目次】目次●序章 異郷の記憶が刻み込まれた歌 ●第1章 歌であって、歌以上のなにか――真冬の屋久島へ ●第2章 歌に残るマージナルマンたちの痕跡 ●第4章 海の暮らし――屋久島の海民たち ●第5章 山から伸びる「歌の道」●第6章 明治生まれの歌い手たちの記憶 ●第7章 3度目の屋久島――2021年5月 ●最終章 島から島へ●あとがき【著者】大石始1975年、東京都出身。世界の音楽・地域文化を追いかける文筆家。旅と祭りの編集プロダクション「B.O.N」主宰。著書・編著書に『盆踊りの戦後史』『奥東京人に会いに行く』『ニッポンのマツリズム』『ニッポン大音頭時代』『大韓ロック探訪記』など。
公開日: 2022/11/20
単行本・雑誌
 
ハーバード大卒の人気お笑い芸人・パックンが金融教育の要点をわかりやすく解説。「投資で社会の一員になる」などの投資マインドから、「老後計算機」「5・3・2の法則」などのお金の基礎知識まで、ぎゅっと凝縮したマネー本の決定版!
公開日: 2022/11/18
単行本・雑誌
 
第20回開高健ノンフィクション賞、史上最年少受賞!「脱」というより、「没」政治化(a-political)が極限まで進んでしまった現代日本の若者にとって何を意味するのか。この困難な問題に「平成」生まれの三〇歳になったばかりのフリーランスライターが挑戦している点で出色である。――姜尚中(東京大学名誉教授)この作品の良さは、読む者に答えを示したことではなく、さらなる問いを投げかけたことだろう。――田中優子(法政大学名誉教授)すべてを政治化することの危険性、不安と恐怖から湧き上がる防衛意識など、現代においても重要な問題を提示しているのだ。――藤沢 周(芥川賞作家)時代の「感触」は、このようにして人から人へと受け継がれていくのだろうか。ノンフィクションによる「経験の伝承」という視点からも素晴らしい作品と言えよう。――茂木健一郎(脳科学者)今年三〇歳になる筆者が同世代の若者に対して、なぜ政治的なイシューを共有できないのかと向ける切実な問いかけだ。――森 達也(映画監督・作家)(開高健ノンフィクション賞選評より・五十音順)<連合赤軍事件とは。今、若者の目線で見つめ直す。>大学院で学生運動について研究していた著者は、ある手紙に出合う。父から子への想いが綴られたその手紙は、12人の同志を殺害した連合赤軍リーダー森恒夫によるものだった。残酷な事件を起こした犯人像と、手紙から受ける印象が結びつかない筆者は、森恒夫の足跡(そくせき)を追い……。なぜ28歳の青年・森恒夫は日本に革命を起こそうとしたのか、なぜ同志を殺害したのか、そしてなぜ自ら命を絶ったのか……。その答えを求め、森の高校時代の同級生、北朝鮮に渡った大学時代の後輩、「総括」を生き延びた連合赤軍の元メンバー、よど号ハイジャック事件実行犯の一人・若林盛亮らと対話する。――誰だって、「彼」に成りうるのかもしれない。開高健ノンフィクション賞を史上最年少で受賞した若き著者が、事件を追いながら、いつの世もつきまとう「政治と暴力」を解決するヒントを探る。
公開日: 2022/11/25
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。雑誌「SS(スモールエス)」の メイキングブックシリーズに水彩メイキング、第3弾が登場! !人気作家6人による水彩イラストのメイキング工程、イラストギャラリーページ、テクニックに焦点を当てたQ&Aを掲載。さらにコラムページでは、水彩紙とマスキングインクの相性などを解説!◇表紙イラストは作家・時雨の描き下ろし。表紙イラストのメイキングを新たに約20ページにわたって解説しています。鮮やかな青をつかい分けることによって描き出されるデジタルイラストのような透明感のある美しいイラストを丁寧にメイキング。艶やかな髪、みずみずしい肌、キャラクターの描き分け方がわかります!◇SS読者に人気の作家5名による、透明水彩メイキングの記事を再構成して収録!透明水彩の塗りの工程やテクニックをビジュアルたっぷりに掲載。「るん太」民族衣装を着た男の子の塗り「雲丹。(うに)」ウエディングドレスを着た女の子の塗り「森咲ユリエ」星空柄のマントを着た男の子の塗り「さかなもち」様々な画材メーカーを併用した着物の女の子の塗り「あやねえ」水筆を使用して描くケモノと男の子の塗り◇コラム記事「さまざまな塗り方をためしてみよう〜にじみ、ぼかし、グラデーション〜」「水彩紙を塗りためそう」「マスキングってどの水彩紙でも使えるの?」◇カラーチャートホルベイン透明水彩絵具ウィンザー&ニュートン水彩絵具<電子書籍について>※本書は同一書名の紙版を底本として電子書籍化しています。※電子書籍化の仕様により、紙版とは異なる表記や表現、および編集となっている場合があります。※本書記載の内容は、印刷出版当時の情報となります。※本子書は固定レイアウト形式の電子書籍です。
公開日: 2022/11/07
美術
単行本・雑誌
 
アプリが1人1人に最適な問題を出題してくれる、新時代の高校入試対策問題集。本では要点と重要問題の解き方を学べ、アプリでは過去問をふくむ豊富な問題演習ができる。基礎固めにも、ニガテ分野の克服にも、入試直前の追い込みにも、幅広く使える。
公開日: 2022/10/13
単行本・雑誌
 
キレイな写真がたくさん、カラフルでおしゃれカワイイ旅BOOK『カラープラス』。表紙の装いも新たに、収録内容をアップデートした待望の改訂版です。マストな情報はもちろん、編集部が現地で見つけた’かくれたステキ’もご紹介していて、いつもの旅と違った楽しみ方をご提案。感動的な景色や、食べたいグルメ、コレほしい!癒されたい・・、やってみたいコトを全部叶えるよくばりな旅へReady to go!※一部コンテンツが収録されていない場合があります。
公開日: 2022/11/01
単行本・雑誌
 
マガジンX 12月号では次期ロードスター開発を暗示するテストカーや発表間近の新型セレナの詳細、受注停止情報から予想される2023年のトヨタ新型車動向などを掲載。ニュースページではビッグモーターの急成長の裏側に最接近。「ざ・総括」ではプジョー308とルノー・ルーテシアHEVを取り上げています。
公開日: 2022/10/26
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。自動運転、電気自動車。この一冊で進化する自動車のメカニズムがわかる!自動運転、電気自動車など最先端の自動車のしくみや、自動車の基本性能である「走る・曲がる・止まる」を支える各パーツの基本構造やメカニズムまで豊富な写真&精密なイラストでわかりやすく徹底解説しています。【目次】序章 新世代の自動車へ第1章 自動車の基本構造第2章 電気自動車の種類とパワーユニット第3章 内燃機のパワーユニット第4章 パワートレイン第5章 駆動システム第6章 ステアリング、タイヤ、ホイール第7章 サスペンション&ブレーキ第8章 先進運転支援システム第9章 自動運転システム第10章 テレマティクス・サービス自動運転、電気自動車など最先端の自動車のしくみや、自動車の基本性能である「走る・曲がる・止まる」を支える各パーツの基本構造やメカニズムまで豊富な写真&精密なイラストでわかりやすく徹底解説しています。【目次】序章 新世代の自動車へ第1章 自動車の基本構造第2章 電気自動車の種類とパワーユニット第3章 内燃機のパワーユニット第4章 パワートレイン第5章 駆動システム第6章 ステアリング、タイヤ、ホイール第7章 サスペンション&ブレーキ第8章 先進運転支援システム第9章 自動運転システム第10章 テレマティクス・サービス序章 新世代の自動車へ第1章 自動車の基本構造第2章 電気自動車の種類とパワーユニット第3章 内燃機のパワーユニット第4章 パワートレイン第5章 駆動システム第6章 ステアリング、タイヤ、ホイール第7章 サスペンション&ブレーキ第8章 先進運転支援システム第9章 自動運転システム第10章 テレマティクス・サービス1955年宮城県塩釜市生まれ。工学院大学名誉教授。芝浦工業大学大学院工学研究科機械工学専攻修士課程修了。博士(工学)。1980年より日産自動車株式会社車両研究所などにおいて操縦安定性の研究に従事。2001年に近畿大学理工学部機械工学科に着任。2008 年より工学院大学工学部機械システム工学科で、自動車工学系科目を指導する(教授)。専門は自動車工学、自動車運動制御。ドライビングシミュレーターを用いた操縦安定性の研究、自動車の限界コーナリングと制御の研究などを行なっている。2011年に自動車技術会フェローの称号を授与される。2016年11 月より日本自動車殿堂の副会長。
公開日: 2022/11/07
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。考えるほどに、裏切られる!?答えがわかった瞬間、「クソッ!」と思わず叫んでしまうナゾトキが満載。数々のナゾトキイベントで出題され、話題をさらった新種のナゾトキ「クソナゾ」が、ついに書籍化。収録しているのは、気鋭のナゾトキ作家が大まじめにふざけて作った、常識破りの40問。テレビ番組や国内外のナゾトキイベントで活躍めざましい日本屈指のナゾトキ作家3人が、頭を抱え、思わずふき出し、手も足も出なかった前代未聞のナゾトキが詰まっています。テストプレイは、ダ・ヴィンチ・恐山。「ナゾトキ問題とその解説」の形をしたボケに、「そりゃないよ!」「そう来たか〜!」と、ぜひ心の中でツッコミながら挑戦してください。きっと、ナゾトキの新しい楽しみ方に出会えるはず!ナゾトキ初心者から愛好者まで楽しめて、さらに、みんなで盛り上がるゲームやパーティーなどにも大活躍する1冊です。
公開日: 2022/11/25
単行本・雑誌
 
今回の特集は「アメ車を’10倍’楽しむ方法」です。様々な楽しみ方を実践する現役アメ車オーナーに取材して彼らのライフスタイルを紹介します。
公開日: 2022/11/16
単行本・雑誌
 
ロシアのウクライナ侵攻、安倍元首相暗殺、北京オリンピック、参議院選挙など、厳選した「最新時事用語」と「一般常識」を一冊に収録。スミと赤の2色刷り、赤文字が消えるチェックシートで最新時事用語を効率よく学べる。
公開日: 2022/11/16
教育
単行本・雑誌
 
W.B.SPECIAL2022-2023「10.20」から未来へ――。ドラフト最前線2022ドラフト直前情報「運命の糸」はどうつながる――?浅野翔吾[高松商高/外野手]/イヒネ・イツア[誉高/内野手]/蛭間拓哉[早大/外野手]矢澤宏太[日体大/投手&外野手]/斉藤優汰[苫小牧中央高/投手]/曽谷龍太[白?大/投手]TOPIC 2022年ドラフトの焦点を読み解く【その1】明大のドラフト指名最長記録は13年連続に更新されるか!?【その2】燕の主砲・村上の弟はプロへの道を切り開く!?【先取り!!2023ドラフト候補 逸材選手CLOSE UP】長距離砲が目指すオールラウンダー佐々木麟太郎 INFIELDER[花巻東高]世代最強投手の矜持前田悠伍 PITCHER[大阪桐蔭高]155キロ左腕がこだわる力勝負細野晴希 PITCHER[東洋大]日本一を狙う左右二枚看板高 太一 PITCHER[大商大]上田大河 PITCHER[大商大]黒子に徹する大学ジャパン司令塔進藤勇也 CATCHER[上武大]神宮の杜を圧倒するスラッガー廣瀬隆太 INFIELDER[慶大]対応力に優れた安打製造機度会隆輝 OUTFIELDER[ENEOS][先取り!!]2023ドラフト候補50人高校生編大学生編社会人編[深層リポート]遠投、50メートル走で判断しない!?埼玉西武ライオンズ球界でも稀な入団テストの秘密とは?PREVIEW 10.22日本シリーズ開幕オリックス・バファローズ×東京ヤクルトスワローズ2年連続のマッチアップ!BのリベンジかSの連覇か――東京ヤクルトスワローズ切れ目のない打線で猛牛投手陣に挑む!オリックス・バファローズ強力投手陣で燕打線を封じ込む!DATAで見る頂上決戦三冠王、タイトルホルダーは日本シリーズで輝いているか?【インタビュー&コラム】連載/第23回 野球浪漫谷川原健太[ソフトバンク]前例なき道連載/裏方が見たジャインアンツ香坂英典第77回 プロスカウトという仕事(7)「悪太郎の遺言状」堀内恒夫第52回/3年連続V逸で潔く辞めた長嶋茂雄さん、巨人首脳陣に「男のケジメ」はあるのか連載 ダンプ辻の「キャッチャーはつらいよ」惜別球人2022/第2回福留孝介[中日]永遠の野球少年【TOPICS】CSファイナルステージREPORTオリックス&ヤクルトが日本シリーズへ新監督就任会見岡田監督[阪神]&新井監督[広島]が誕生【連載】やくみつるの「12球団ドガチャカ交流試合」張本勲コラム「喝!」岡田彰布 「そらそうよ」WEEKLY NPB CALENDAR&TIPS石田雄太 「閃・球・眼」激闘の残像伝説の男たちの「スゴ技」!(40)高津臣吾[ヤクルト]ボールパーク共和国Cultural Reviewベースボールゼミナール2022メジャーニュースMLB最新戦略事情アマチュア野球事情日本独立リーグWatch韓国&台湾プロ野球デーブ大久保「さあ、話しましょう!」伊原春樹「野球の真髄」川口和久のスクリューボール2022球団回顧/中日[セ6位]&ロッテ[パ5位]週間記録室連続写真/柳田悠岐[ソフトバンク]綱島理友のベースボール百科シリーズ「沖縄と野球」第1回/沖縄と野球の歴史廣岡達朗の「やれ」と言える信念【12球団WEEKLYトピックス】ヤクルト/阪神/巨人/広島/中日/DeNAオリックス/ロッテ/楽天/ソフトバンク/日本ハム/西武インフォメーション次号予告
公開日: 2022/10/21
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。今から備えれば、私の人生、ずっと安心!女性が長く働き続けるようになり、30代を越えて40代、50代でも「シングル」というライフスタイルを選択し、自分らしく暮らしている人が増えています。離婚してシングルマザーとなる人も、子育てを卒業して改めてひとり暮らしになる人も、珍しくなくなりました。そんな現代の「おひとりさま」のライフスタイルとお金事情を徹底取材。人生後半に困らないためのお金の備え方もたっぷり紹介します。「ひとりで家を買う」という選択をした女性たちの、決断に至るまでのヒストリーとお金事情のリアルも必見!また、親の介護や実家の後始末、おひとりさまの終活に向けた最新情報も。「おひとりさまでも安心」と自信を持てるようになる情報満載の1冊です。≪主な内容≫Part1 最高の部屋とお金のリアルPart2 人生後半に困らないお金のルールPart3 私たちのラクな貯め方&増やし方Part4 「ひとりで家を買う」の裏側、ぜんぶ見せますPart5 親と私のもしものときのお金の備え
公開日: 2022/11/16
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。家庭で作れる最強の血液サラサラ食として大人気の「酢タマネギ」。毎日食べている人からは「高い血圧が下がった」「血糖値が薬なしで正常値になった」「34kgのダイエットに成功した」などの驚きの声が、たくさん寄せられています。長年愛食している医師は、耳鳴りが大改善したとのこと。本書では、基本の酢タマネギの作り方はもちろん、タマネギの降圧成分が5倍に急増する新しい方法や、酸味が苦手な人でも食べやすいカレー酢タマネギの作り方、酢タマネギを使った簡単・絶品レシピも多数ご紹介しています。血圧や血糖値などにお悩みの方は、ぜひ、お試しください。
公開日: 2022/10/21
単行本・雑誌
 
フランス最高峰の知性によるコレージュ・ド・フランス連続講義経済成長論の権威が語る持続的で平等な成長と繁栄への道 最新の研究成果で描く資本主義の未来とは? 答えは本書に!持続的で平等な成長に向けて創造的破壊を舵取りするには?過去のイノベーターが未来のイノベーターの邪魔をするのを防ぐには?創造的破壊が雇用を破壊し、健康や幸福に及ぼす負の影響を抑えるには?創造的破壊を好ましい方向に効果的に向かわせる要因とは?私たちの将来について考える際の重要なマイルストーンとなる書ジャン・ティロール(『良き社会のための経済学』著者、ノーベル経済学賞受賞者)今日の失速した資本主義が成長を回復するために不可欠な本アンガス・ディートン(『大脱出』著者、ノーベル経済学賞受賞者)広範で重要なトピックについて、新しく想像力に富んだことを述べる魔法のような本ロバート・ゴードン(『アメリカ経済 成長の終焉』著者)最先端の経済分析に基づき、現代経済のダイナミクスを解剖した本ジョエル・モキイア(『知識経済の形成』著者)
公開日: 2022/11/28
単行本・雑誌
 
特集:ウクライナ戦争──世界の視点から今年二月二四日にロシアがウクライナに対して「特別軍事作戦」と称して始めた戦争は世界に衝撃を与えた。冷戦時代には東西対立の緊張によって、冷戦後は対立関係の解消によって、ヨーロッパは「平和の地域」のはずだった。そのヨーロッパでロシアが大規模な軍事侵攻を行うことは市民だけでなく大半の専門家にとっても予想を超えた事態だった。(略)日々の戦況から離れて俯瞰することで見えてくるものがあるのではないか。そういう問題意識から今特集では内外の専門家にさまざまな角度からの分析を求めた。もちろん戦争は進行中であり、本特集も夏頃までの状況を前提とした暫定的な考察であるから限界はある。それでも今特集が読者にとって、この不幸な戦争とこれからの世界について考える機会となることを祈りたい。(「巻頭言」より一部抜粋)
公開日: 2022/11/18
単行本・雑誌
 
キェルケゴールがいなければ、ウィトゲンシュタインは『哲学探究』を書けなかった!西洋哲学の地下水脈を探査する、渾身の思想ドラマ!「実存」とは、不安や孤独、絶望のなかで、主体的に自己のあり方を自由に決断する人間のことだ。その概念の創始者キェルケゴールは、死後五〇年を経て、ハイデガー、ヤスパース、サルトルらに再発見された。しかし、ソクラテスに連なる〈実存哲学〉の真の後継者は、意外なことにウィトゲンシュタインだった――。哲学者たちの著作や日記から、彼らの人生を丹念にたどり、キェルケゴールの真意がウィトゲンシュタインの哲学に昇華するまでの軌跡を鮮やかに描き出す。理論ではなく、生き方の根幹に関わる哲学がここにある!【目次】プロローグ凡例キェルケゴール著作年表第1部 哲学史の中のキェルケゴール 第1章 実存哲学について 第2章 実存哲学とキェルケゴール第2部 キェルケゴールの〈実存哲学〉 第1章 〈実存哲学〉遠望 第2章 キェルケゴールの〈実存哲学〉 第3章 著作家活動――〈実存哲学〉の具現 第4章 〈実存哲学〉とソクラテス――「誠実さ」の概念 第5章 〈実存哲学〉と実存哲学第3部 〈実存哲学〉の系譜――キェルケゴールからウィトゲンシュタインへ 第1章 『論理哲学論考』期 第2章 中間期 第3章 『哲学探究』期 第4章 『哲学探究』とキェルケゴール――〈実存哲学〉の系譜エピローグ注あとがき
公開日: 2022/10/12
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。※電子版では、紙の雑誌と内容が一部異なる場合や掲載されないページがあります。【特集】まるごと全日本模型ホビーショー2023年上半期の新作ミニカー&プラモデルを総ざらいコロナ禍の影響もあり、実に3年ぶりのリアル開催となった全日本模型ホビーショー。会場は例年通り、東京は有明にある東京ビッグサイト(東京国際展示場)が選ばれたが、イベント・エリアを2019年に開業した南展示棟としたことで、心機一転、非常にフレッシュな雰囲気の中でのショーとなった。モチーフとしては日本車人気が健在で、日本のメーカーだけでなく、海外のメーカーからもネオヒストリック系スポーツモデルの新作が多数見られた。今回の開催を機に、来年以降、コロナ禍以前の通常運営に回帰できることをただただ祈るばかりだ。【その他】・2022年最新ミニカーレビュー・MBX-MANIAX マッチボックス マニアックス・Model cars Recommend 注目のアイテム〔チョロQ〕・プラモデル新製品最速レビュー・PAINT it ANY COLOR YOU LIKE:当たり前じゃなかったことが当たり前になった喜び[ガイアノーツ]・LIFE with miniature cars:ミニカーを愛する人・昭和50-60年代プラモ衰歌:メルセデス・ベンツC111・童友どうでしょう:1/24 日産 スカイライン2000 GT-X・デフォルメ倶楽部:日産ローレル2000 SGXなど
公開日: 2022/10/26
単行本・雑誌
 
WIN5 9370万円、4432万円、3775万円、トリプル馬単 6410万円…高額配当続々的中で超話題の競馬芸人の最新作!なぜ、じゃいばかり儲かるのか? 競馬、麻雀、カジノ、人生…競馬芸人が初めて明かす数千万単位の勝利を掴み取るメンタル術のすべて!競馬:馬券購入者のメンタルの間隙を突け麻雀:相手の心を折れば自ずと勝てるカジノ:相手の癖を読み取り手札を浮き彫りにする人生:長期的なスパンでギャンブルと向き合う霜降り明星 粗品が泣いた!「生涯収支プラス1億円君になれるかもしれない本」【じゃいの最強ギャンブラーとしての変遷】2022年 WIN5で9370万6710円的中!2020年 トリプル馬単で6410万6465円的中!2014年 WIN5で4432万9120円的中!2013年 麻雀最強戦・著名人代表決定戦を連覇!2012年 WIN5で3775万2700円的中!2009年 ギャンブルで5000万円を貯め、マンションを現金購入!【目次】序章:なぜ、ギャンブルにメンタルが必要なのか?第1章:じゃい流メンタルをブレさせない9つのルール第2章:競馬で、稼ぐメンタルを鍛える第3章:麻雀で「ブレない」思考を手に入れる第4章:カジノで勝ち続けるための最強のマインド第5章:誰でも「ブレない」心を手に入れる方法終章:ドキュメント・じゃいの稼ぐメンタル
公開日: 2022/11/24
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。特集は 「JALの現場から」。国内線最高峰のファーストクラス同乗レポートのほか、本社や羽田空港の運航中枢、パイロットと客室乗務員の拠点、格納庫での整備作業や深夜の機体洗浄など、フライトを支える各現場を訪問。最新の動向として、環境対策と国内線新運賃についても担当者に詳しく聞いた。JALを動かす現場の視点から、その最前線を総力取材。
公開日: 2022/11/04
単行本・雑誌
 
【主なメンバーメッセージ】・『新しい仕事に臨むとき、あまりあれこれ考えすぎると失敗が怖くて踏み出せなくなる。だから筋トレで頭の中が空っぽになるぐらい自分自身を追い込むんだ』<岩本照>・『過去って、もう過ぎちゃったこと。未来は自分の努力でコントロールできる。だから一番大切なのは’今’なんじゃない?』<深澤辰哉>・『難しくて周りが簡単にできないことに挑戦するからこそ、成し遂げた価値はデカい』<ラウール>・『喜びや悲しみを分け合えるメンバーがいるからこそ、俺は’幸せ’を実感することができる』<渡辺翔太>・『関西人でお調子者に見える俺やけど、メンバーの誰かが俺の手助けを必要としていたら、24時間365日、いつでもダッシュで駆けつけるで』<向井康二>・『ジャニーズクイズ部で学んだこと。失敗は無駄じゃない、ちゃんと人を育ててくれるもの』<阿部亮平>・『自分の努力には限界がないと信じてるし、だからこそすべてにおいて希望を持っている』<目黒蓮>・『もし前列に出られなくても、与えられた場所で一生懸命に咲きたい。美しい花のように』<宮舘涼太>・『仕事のやり方って3つあるんだよ。正しいやり方、間違ったやり方、佐久間大介のやり方。……ROLANDかよ!?』<佐久間大介>
公開日: 2022/11/03
芸能
単行本・雑誌
 
さっと読めるミニ書籍です(文章量15,000文字以上 20,000文字未満(20分で読めるシリーズ))【書籍説明】私の叔父は、大手企業に勤め、60歳で定年退職を迎えた。叔父は高級車を購入し、海外旅行をするなど第二の人生を楽しんでいた。孫も生まれ、おじいちゃんとしての毎日を謳歌していた。その矢先、67歳の若さで亡くなってしまった。今まで仕事に時間を費やし、やっとご褒美である第二の人生がスタートしているというのに。人は突然死ぬ。私は約20年間公務員として勤めた。生活は安定し、将来も約束されていた。しかし、将来が見えてしまった途端、人生がとてもつまらないものに思えた。自分には、もっと輝ける場所がある、世界を見てみたい、子どもが巣立つ前に家族との時間を大切にしたいと思った。いつか死ぬのだから、チャレンジしてみよう!安定した職業をやめるのだから、当然失敗や後悔のリスクはある。考えすぎると怖くなるが、失敗をくり返すことができる年齢ということもあり決意した。ここから、公務員をやめた主婦の節約生活がスタートした。公務員をやめたのに貯金が増えた。本書では、公務員をやめたのに貯金が増えた主婦の、節約の方法をお伝えしていく。角度を変えて物事をみたり、意識を変えたりすることで誰でも実践できる。家計のやりくりに苦しんでいる主婦の方、転職したいが、経済的な不安がある方にぜひ読んでいただきたい。【目次】1 本書の使い方2 節約生活の最初に実践したこと3 節約の秘訣6選4 日々の支出のやりくり5 最大の楽しみ!食事へのこだわり6 東日本大震災からの教訓7 節約!でもおしゃれは楽しみたい!8 物の持ち方9 日常の贅沢【著者紹介】なでしこ(ナデシコ)43歳の主婦。家族は夫、中学生、小学生の2人の子ども。持ち家。長年勤めてきた公務員を退職し、現在主婦として節約生活を送りながら、人生を楽しんでいる。家計を支えるのは夫。
公開日: 2022/11/04
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。グラビア&活字アイドルマガジン『BUBKA』のもう一つの顔、強力執筆陣による活字特集及び連載コラムのみをひとまとめにしたお得なパックです。新連載吉田豪インタビュー「What’s 豪ing On」第一回 尾崎世界観(クリープハイプ)「『生きづらさ』ゆえに感じる『生きやすさ』」プロ野球座談会低迷の2022年を乗り越えて!令和の時代〜それでも「巨人ファン」でいく!!田村潔司連載「解析UWF」第3回天龍源一郎がレジェンドについて語るミスタープロレス交龍録第49回「テッド・デビアス」すべての球団は消耗品である byプロ野球死亡遊戯#2 「1988年の王巨人」話題の著者に直撃取材!! BOOK RETURN第49回 なぎら健壱『アロハで酒場へ なぎら式70歳から始める「年不相応」生活のススメ』アイドルクリエイターズファイル#25 杉本陽里子(ディレクター/プロデューサー)R-指定『 Rの異常な愛情』『2022年日本語ラップの旅-Rの異常な愛情 vol.2-』完成記念インタビュー&Creepy Nuts武道館レポート番外編宇多丸のマブ論※本電子書籍は、『BUBKA 2023年1月号』の一部記事を抜粋したものです。
公開日: 2022/11/30
単行本・雑誌
 
世界中で愛されるピアノという楽器。日本には、いつ、どのように伝わったのか。日本で初めてピアノが製造されたのはいつか。中村紘子、内田光子、フジコ・ヘミングから舘野泉、小山実稚恵、辻井伸行、上原彩子、藤田真央、牛田智大、角野隼斗、反田恭平、小林愛実まで――。わが国のピアニストたちが歩んできた軌跡を辿りながら、今日、私たちが目にしている「日本の新しいピアニスト像」までを射程に入れて考察。
公開日: 2022/10/19
音楽
単行本・雑誌
 
※この商品はタブレットなど大きいディスプレイを備えた端末で読むことに適しています。また、文字だけを拡大することや、文字列のハイライト、検索、辞書の参照、引用などの機能が使用できません。うわさのセレクトショップオーナーから、60代のユーチューバーまで自分らしい着こなしを楽しむ女性たちが続々と登場。年齢を重ねても、「好き」な気持ちを忘れずにおしゃれを楽しむためのリアルなコーディネート実例が満載です。大人気のデザイナー・井上保美さんの新連載もスタート!★特集★自分を知った大人服1|帆秋清美さん「アントワープ」オーナー/無難なだけじゃつまらない。でも、遊び心はひとつだけに2|杉山育子さん フリーランスPR/最終的に残ったのは、黒いワンピースと白いボトム3|吉村美保さん「ベランダガーデン倶楽部」主宰/「特別」でなくても、「普通」で感じのいいことを大切に4|志賀朋子さん 主婦/上質さの中に、ひとさじのお茶目心を。5|馬場わかなさん「シュヴァル プラス」デザイナー/洋服のルーツを知れば物語をまとうという楽しさを味わえる6|Mimiさん YouTubeチャンネル「Mimi’s life」管理人/定番と冒険で60代のおしゃれを組み立てて新連載|「45R」デザイナー 井上保美さんのやっぱり、これが好き。アウトドアアイテムでおしゃれに冬を乗り切る!「パーマネントエイジ」林多佳子さん&桃井しのぶさんの 歳の差おそろい「脱スニーカー」の一歩はソールにワザありのきれいめ靴でLess is More 洋服は少ないほうが、おしゃれになれる!大人がすすめる名品トップス/期間限定「大人になったら、着たい服」公式通販耳元に、ちょっとのきらめきをFabulous Fashion Tips from New York|雅子 コーフマンさん「ユナイテッドアローズ」ニューヨーク駐在員「ダジャ」板倉直子さんのおしゃれと季節の楽しみ方スタッフのお買い物帖
公開日: 2022/10/14
単行本・雑誌
 

©LOQUY 2018-2021 AllRight Reserve.